// 電気パワートレイン

代替パワートレイン — 現在と未来の課題に対応するために

2003年には代替パワートレインの試験を開始し,パワーエレクトロニクスを含んだ電気モータに始まり,高電圧バッテリまで対応しています.近年の開発過程で,HVネットワーク(充電ステーションを介した電源供給システム)全体から,車載充電器,車載充電器,HVバッテリ,インバータ,電気モータ,トランスミッション,ディファレンシャル,シャフト,オイル供給の調査まで,APLの試験実績はとても幅広くなりました.

-
-
-

急速な開発曲線を先取りするために,APLでは試験装置や測定技術の最適化を絶えず行っています.社員の社内外トレーニングに多大な投資をしており,優秀なエンジニアや従業員のみが,新しく極めて複雑な試験条件を実現することができるのです.私たちの目標は,シンプルな部品単体から充電インフラを含む非常に複雑なHV複合材のテストベンチまで,代替パワートレインのコンセプトの全範囲をいつでも再現できるようにすることです.

プロジェクトサポート
  • プロジェクト全体での1人の担当者
  • 試験の構想と監督
  • コミッショニング
  • 試験手順のプログラミングとテスト
  • 試験手順の最適化と管理
  • 測定データの評価・分析・査定
  • トラブルシューティングと問題解決
  • 専門部署とプロセスの調整
  • プロジェクトのタイムラインと予算目標の管理
  • 日々の状況報告
  • インターフェース管理 — 外部および内部
  • 試験結果の文書化とプレゼンテーション
機械工事
  • あらゆるタイプの構造と接続に対する個別のソリューション
  • ホイール、カルダン VKMシミュレーション、高速機
  • 最大5台までのダイナモ
  • 振動に最適化されたテストベンチ設計
  • 恒温槽/カバーの有無にかかわらず,バック・トゥ・バック試験
  • 0° — シャフト調整
  • 最大24,000rpmの速度
  • 2,500Nm以上のトルク
電気工事
  • 配線織機の製造,直接接続または接触器ボックス経由での製造
  • APLコンバータを使用したテスト
  • 600A /1200A(並列接続時)の電流(DC),高ダイナミック(0 è 100A in 0.3 ms).
  • 電力(直流)150kW/300kW(並列接続時)
  • 最大電圧(DC)1,000V
  • ダイナミックDC電源(ソース/シンク)
  • 高い安全性を維持する恒温室
計測技術
  • 電力計測: e‑machineや複雑なテストベンチ用の特殊なテスタ,高精度な計測技術
  • HBM T12 異なる計測範囲でのトルク計測
  • パワーメータ
  • ストレージオシロスコープe
  • 振動計測技術(例:ReilhoferやMüller,BBMなど)
  • スニファーメータ
  • ISOの巻線抵抗測定
  • エンジン試験装置(Schleich GLP1‑e HV)
  • HV-safe評価ユニット
  • 三次元測定機によるモータの測定
  • 測定技術を試験片の近くに配置する
  • 高い再現性
  • 1kHzまでの連続した測定の取得
  • ポスト処理用データ
追加のアグレゲート
  • 追加の測定技術とコンディショニングは,プロジェクトに依存して使用可能
  • 独立したコンディショニング LE / EM (-40°C — + 130°C)
  • オイルコンディショニング
  • 気候室または気候フードによる循環式空調(-40℃~+180℃)
オートメーション
  • コントロールエンジニアによるプロジェクトに特化した迅速な調整
  • 臨機応変な制御
  • コンディショニングとマップ測定の自動化(標準点監視付き)
  • レストバスシミュレーション
  • バッテリシミュレーション:電気シミュレーションモデルを用いて,リチウムイオン電池の充放電をモデル化.試験装置(ハイブリッドドライブなど)内では,リチウムイオン電池が制御可能な直流電圧供給装置で完全に置き換えることが可能
  • バッテリコントロールユニットのCANレストバスシミュレーション
  • 走行抵抗
  • 自動運転
  • 時間最適化試験

“全く同じプロジェクトは2つとありません.変化に富んでいるため,常にやりがいを感じながら取り組める仕事です”

 


Lisa Z., プロジェクトエンジニア

耐久試験

ここでは,耐用年数全体にわたるさまざまな負荷の試験,電動パワートレインの検証(関連規格やお客様の仕様に従い),ベアリング/ロータの試験などが実施されています.

直流電源装置や試験装置を使って,高度な動的状況をシミュレートすることができます.さらに,特性図と中間測定の自動実行も可能です.基本的な条件,例えば周囲温度(-40℃~150℃)や湿度の影響は,簡単に調整することができます.また,特殊な状況設定や集計,特殊な測定技術も随時組み込むことが可能です.

機能検証

機能検証を行うために,様々な試験が自動化されたり手作業で行われたりしています.目的はパフォーマンスの全範囲や温度展開,故障発生時の動作,試作品の基本的な機能などを検証し試験することです.

このような試験は通常,試行錯誤した供試体でも標準的な手順でもないため非常に時間がかかるうえ,多くの基礎知識を必要とします.試験には,マッピング測定,最大特性曲線(S1動作を含む),短絡・無負荷特性曲線,バックEMF測定,過渡負荷挙動,熱調査などがあります.多くの場合,これらの試験は,試験品の校正やアプリケーションの確認にも使用されます.

環境シミュレーション

新たな部品の開発を行っている間,安全性や耐久性を確認し,弱点を見つけ,適切な対策を行う必要があります.例えば,熱や冷気,湿気の影響(防水性,物や塵の侵入,振動など)を供試体で確認します.

型式認証:COPとEOL

開発プロセスの最後に,速度と出力に対する最も多様な要件を満たす型式認証を実行します.

生産適合性試験(CoP)は型式認証時に決定された電動機の要となる性能を保証するために,生産サイクルの中で実施されます.

エンド・オブ・ライン(EOL)試験は主に品質保証に用いられ,製品の製造工程の最後に実施されます.

当社では開発プロセス中にこれらの試験を提供することができます.

バック・トゥ・バック/バック・トゥ・フロント

2つの供試体が直接またはギアを経由して機械的に繋がっている試験方法で,気候室内で気候フードを用いたり,周囲の空気の調整なしで操作したりすることが可能.

シミュレーション:車両/道路/ドライバ

E‑ドライブの部品を試験するには,法的な,またはお客様に関連したサイクルなどの走行プロファイルを表示することが重要です.

実走行時の効率,総エネルギ需要,熱動作,耐久試験がここでは重要な役割を果たします.

クーラントと潤滑剤の検証(Eフルード)

クーラントと潤滑剤の機能性は,既存の電気アクスルや電気ダイナモメータで試験することができます.ご要望に応じて,電気モータ,ハイブリッドドライブ,トランスミッション,完成車まで,最大4台のダイナモを用いたパワートレインテストベンチ,またはシャシダイナモで試験することも可能です.

2WD / 4WD

APLのテストベンチは非常に柔軟に設計されています.

  • 完成車用ドライブトレイン(バッテリ及びバッテリシミュレーション含む)や2台のマシンの上部構造(アクスル試験用など),テストベンチのセットアップは純電動機用のダイナモメータ1台でテストできます.お客様のあらゆる要望にお応えできるよう努めています.
関連トピック:

Eドライブの開発

化学系実験環境

// ロケーション 

本社ランダウ
APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik
Land­au GmbH
Am Hölzel 11
76829 Land­au

 

// ヴォルフスブルク
APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik
Land­au GmbH
Gustav-Hertz-Stra­ße 10
38448 Wolfs­burg

 

// ビーティッヒハイム・ビッシンゲン
APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik
Land­au GmbH
Robert-Bosch-Stra­ße 12
74321 Bietig­heim-Bissin­gen

 

// 日本
APL Auto­mo­ti­ve Japan株式会社
〒171‑0022
東京都豊島区南池袋一丁目16番15号
ダイヤゲート池袋5階

// APLグループ

APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik Land­au GmbH

AIP GmbH & Co. KG

IAVF Antriebs­tech­nik GmbH

IAVF-Volke Prüf­zen­trum für Verbren­nungs­mo­to­ren GmbH

MOT GmbH