//燃料電池

未来のモビリティが今動き出す

化石燃料から,持続可能で蓄積できる水素などのエネルギへの技術の変革は加速し続けています.水素から電気エネルギへの高効率な化学変換により,燃料電池は今日の自動車技術においてさらに重要なものになってきています.特に軽量での高出力,長時間の稼働,24時間体制による燃料補給の短期化,実走行での低燃費性に関して,その優位性を発揮しています.

燃料電池自動車の更なる開発は,APLにとっても重要性が高くなってきています.その中心となるのが,下記の開発分野です.

電気化学とシミュレーション

燃料電池を特徴づけるものとして重要なものは,電気化学プロセスの基本的な理解です.これにより触媒レベルからMEA,スタック,燃料電池システムのシミュレーションに至るまで,シミュレーションアルゴリズムのツールボックスが常に増え続け,APLが実績を持つ車両のシミュレーション環境にスムーズに統合されています.

MEAやスタックレベルでの試験

燃料電池の動作原理,要となるパラメータ,耐久性に及ぼす影響の特性評価は通常MEA(Membrane Elec­tro­de Assembly)またはスタックレベルで行われます.APLは2022年初頭から試験部門の第一段階として,様々な気候環境(-40℃から90℃)のもと,気体汚染物質の添加の有無(ISO 14687–2に基づく)にかかわらず,走行時または加速時の負荷サイクルに対応する6つのテストベンチを使用した試験を実施しています.1000 m²を超える規模のあらゆる設備を備えた化学実験室では,様々な原料やガスの分析に加え,発生する現象の詳細を調査するため技術を提供することが可能です.

燃料電池のシステムレベルの試験

燃料電池システムは,どの動作点,特に瞬間的な負荷変動においても,量,圧力,温度や水分含有量の点でスタックに最適な媒体提供することを保証できます.制御ループが複雑であるため,動作戦略の全ての側面と,それらがパフォーマンスと耐用年数に与える影響についての開発と検証は非常に重要です.重視すべき分野には,フリーズスタートアップ,負荷勾配のマッピング,暖国や寒国での稼働や環境影響に対する制御なども含まれます.2023年頭からは,燃料電池用試験設備の第二段階として,最大300 kWまで出力可能である燃料電池システム用の幅広い試験オプションを提供できるようになる予定です.

システムコンポーネントの設計と試験

燃料電池のシステムコンポーネントを設計・試験する際,関連分野の長年の経験を活かして取り組みます.それが電気駆動ターボチャージャやコンバータ,膜加湿器,ジェットポンプ,アノード再循環であっても,APLのエキスパートたちはお客様の課題を把握し,早期に解決策を実行することを約束しています.

環境試験

APLではECE R100に準拠し,証明された範囲での燃料電池システム用の定常環境試験をご用意しています.その中には加振器,防塵・防水,塩水噴霧,温度サイクル,サーマルショック,プランジプールなどの試験項目があります.

その他の情報

Arti­kel: Anfor­de­run­gen an Betriebs­stof­fe durch Hybridantriebe

Mar 2020

関連テーマ:

電動駆動系のテスト

// ロケーション

本社ランダウ
APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik
Land­au GmbH
Am Hölzel 11
76829 Land­au

 

// ヴォルフスブルク
APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik
Land­au GmbH
Gustav-Hertz-Stra­ße 10
38448 Wolfs­burg

 

// ビーティッヒハイム・ビッシンゲン
APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik
Land­au GmbH
Robert-Bosch-Stra­ße 12
74321 Bietig­heim-Bissin­gen

 

// 日本
APL Auto­mo­ti­ve Japan株式会社
〒171‑0022
東京都豊島区南池袋一丁目16番15号
ダイヤゲート5階

// APLグループ

APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik Land­au GmbH

AIP GmbH & Co. KG

IAVF Antriebs­tech­nik GmbH

IAVF-Volke Prüf­zen­trum für Verbren­nungs­mo­to­ren GmbH

MOT GmbH