// 検査と評価

実地試験と分析:エンジンやパワートレイン部品の評価や検査においてAPLは有能なパートナです.

潤滑油と燃料は試験において,何でできているかを証明すればいいというわけではありません.実際の耐久試験は道路上で行われるため,化学実験室でのテスト項目が完了した後に,実際の生活で使われる中でその良さを発揮しなくてはなりません.タクシ会社や運送会社は「実地試験」を行うための良きパートナであり,実際の道路環境下でのフリート試験を行うことが可能です.

多くの経験がなければ,確実に測定・評価できないもの.コンポーネントの適切な評価は,試験において大きな役割を果たします.

エンジンを定期的に評価しなくてはならないため,車体から外されワークショップで解体されます.チームで分析を行い,車両を走行可能な状態にする前に移動式カメラで撮影し,現在の状態を記録してから実地試験の次の段階に進みます.

視覚的な評価と文書化はAPLのエンジニアのコアとなるスキルであり,どちらも欧州の基準とOEMの仕様に基づいて行われます.長年の経験をもとに,エンジニアはエンジンの状態について細かく説明を行います.このような専門知識は自動車業界全体で承認されています.

エンジンブロック作成

エンジンとその部品の「格付け」や評価は多数の試験手順の枠組みの中で行われます.国際的な比較基準を満たすために,指定されている規格が準拠されています.

認証はISO9001とISO17025に基づいて行われます.

欧州評議会(CEC)が開催する評定の研究会への参加

評価と文書化のための認証プロセス

社内研修

ランダウで実施されるプロジェクトのサポート

手順計画用のプランニングツール

レポートの作成

厳しい試験条件下において,フルードはその機能を最大限に発揮しなければなりません.その性能がその後の評価結果に反映されるためです.

標準的な方法による評価
  • 年間600件の評価
  • 評価研究会への定期的な参加
  • 全評価者による内部比較
  • プロジェクトを担当するエンジニアとの連携
  • 欠陥や損傷の原因究明のサポート
個別プロセスの開発
  • 関連部品の特定
  • 評価方法の独自開発
  • お客様によるプロセスの検証
  • 既存手法の改良と拡張
  • お客様やユーザに対する定期的な報告
外部の実地試験による評価
  • グローバルオペレーション
  • 評価チームの迅速な対応
  • 現場での速やかな評価
  • テスト車両のダウンタイムの最小化
  • 評価用モバイル機器
  • モバイルフォトスタジオ
  • ユーザとのコミュニケーション

„APLでの仕事を楽しめているのは,私が所属しているチームのモチベーションが高く,業界でもやりがいのある分野で活躍できているからです.自分の経験を活かせることに喜びを感じ,メンバの相談にのったりもしています.“


Peter K., 評価チームリーダ

// ロケーション

本社ランダウ
APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik
Land­au GmbH
Am Hölzel 11
76829 Land­au

 

// ヴォルフスブルク
APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik
Land­au GmbH
Gustav-Hertz-Stra­ße 10
38448 Wolfs­burg

 

// ビーティッヒハイム・ビッシンゲン
APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik
Land­au GmbH
Robert-Bosch-Stra­ße 12
74321 Bietig­heim-Bissin­gen

 

// 日本
APL Auto­mo­ti­ve Japan株式会社
〒171‑0022 東京都豊島区南池袋一丁目16番15号ダイヤゲート5階

// APLグループ

APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik Land­au GmbH

AIP GmbH & Co. KG

IAVF Antriebs­tech­nik GmbH

IAVF-Volke Prüf­zen­trum für Verbren­nungs­mo­to­ren GmbH

MOT GmbH