// パワートレイン開発

明日のモビリティを支えるパワートレイン技術

システム工学的なアプローチで開発プロセス全体の知識と開発ツールをリンクさせる

// パワートレイン開発

ナレッジと開発ツール(シミュレーションツールやテストベンチなど)の緊密な連携により,お客様に幅広い専門性を提供することができます.システムエンジニアリングのアプローチによる開発プロセス全体にわたる能力.私たちは,さまざまなレベルの詳細を見ていますが,私たちは常にシステム全体の中で個々の機能を考慮しています.

当社の従業員は,モビリティの現在および将来の課題に集中して仕事をしています.彼らは,コンセプト段階から最初のプロトタイプに至るまで,お客様のプロセスを包括的にサポートし,RDEに適合した運転と低排出ガスの最適化された完成車両を提供します.しかし,包括的なプロジェクトサポートは,複雑な問題を解決するだけではなく,お客様と共に,明日のモビリティのためのパワートレイン技術を開発することを意味します.

バーチャルドライブトレイン

シミュレーションとモデルの使用は,開発プロセス全体で活用されます.

内燃機関

パワートレインの開発プロセスは,4つのフェーズに分かれています.コンセプトの定義,最初のプロトタイプの開発,生産の開始とその後のシリーズサポートです.

電動化ドライブトレイン

ハイブリッド,BEV,システムコンポーネント,車両全体を問わず,最新の電動化ドライブトレイン開発します.

自動車のパワートレイン

私たちの活動領域は,OBD開発,センサー技術テスト,排出ガス削減,キャリブレーションなどです.

// ロケーション 

本社ランダウ
APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik
Land­au GmbH
Am Hölzel 11
76829 Land­au

 

// ヴォルフスブルク
APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik
Land­au GmbH
Gustav-Hertz-Stra­ße 10
38448 Wolfs­burg

 

// ビーティッヒハイム・ビッシンゲン
APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik
Land­au GmbH
Robert-Bosch-Stra­ße 12
74321 Bietig­heim-Bissin­gen


// 日本
APL Auto­mo­ti­ve Japan株式会社
171‑0022 東京都豊島区南池袋一丁目1615
ダイヤゲート池袋5

// APLグループ

APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik Land­au GmbH

AIP GmbH & Co. KG

APS-tech­no­lo­gy GmbH

IAVF Antriebs­tech­nik GmbH

IAVF-Volke Prüf­zen­trum für Verbren­nungs­mo­to­ren GmbH

MOT GmbH