// ドライブトレイン

開発プロセスの仮想化

パワートレイン,特に部分的に電動化されたパワートレインの開発は益々複雑化しています.しかし,開発期間は延長されません.必要な開発時間をより効率的にするために,APLは,複雑化する開発プロセスの中でも,高い品質でマイルストーンを達成するための新しい手法を開発しました.

基本的には,開発プロセスの仮想化が必要になります.現代では,実際のパワートレインで考慮される,境界条件やコンポーネント仕様は,それおれ仮想化されています.いわゆる「x — イン・ザ・ループ」と呼ばれる手法は,個々の抽象化レベルを最適な形でマッピングするのに役立ちます.

この手法は,開発プロセスの効率化と品質の向上に貢献します.検証の再現性が非常に高いことが重要な前提条件となります.

境界条件

  • 温度調整
  • 車両速度に応じた風速
  • エンジンの静止状態でのコンディショニング
  • シャーシダイナモでの試験同等のエミッション測定
  • 高度なオートメーション化
  • シャシダイナモによる確認試験

モデリング

  • 車種
  • 環境条件
  • ドライバモデル
  • バッテリモデル
  • ギアボックスのモデル
  • 仮想ECU

試験対象

  • マイルストーン測定
  • エンジンおよびギアボックスのアプリケーション
  • エミッション計測(例,WLTC,RDE)
  • 耐久性
  • コンポーネントの経年変化
  • 誤使用と特別な試験
  • OBD 1&2 の検証
  • 環境対応

// ロケーション 

本社 ランダウ
APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik
Land­au GmbH
Am Hölzel 11
76829 Land­au

 

// ヴォルフスブルク
APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik
Land­au GmbH
Gustav-Hertz-Stra­ße 10
38448 Wolfs­burg

 

// ビーティッヒハイム・ビッシンゲン
APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik
Land­au GmbH
Robert-Bosch-Stra­ße 12
74321 Bietig­heim-Bissin­gen

 

// 日本
APL Auto­mo­ti­ve Japan株式会社
〒171‑0022 東京都豊島区南池袋一丁目16番15号
ダイヤゲート池袋5階

// APL グループ

APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik Land­au GmbH

AIP GmbH & Co. KG

APS-tech­no­lo­gy GmbH

IAVF Antriebs­tech­nik GmbH

IAVF-Volke Prüf­zen­trum für Verbren­nungs­mo­to­ren GmbH

MOT GmbH