// バーチャルドライブトレイン

車両コンセプトから開発まで

複雑さの増大と開発サイクルの短縮.これらは,将来のドライブトレインの開発において最も重要な2つの課題です.APLでは,コンピュータシミュレーションツール,モデル,および適切なハードウェアを目標に使用して,これらの課題に対応しています.バーチャルとリアルのテスト環境を組み合わせ,細部に至るまで慎重に検討し,ソリューションを重視しています.お客様にとっての大きなメリットは,業界で一般的なソフトウェアパッケージを使用するだけでなく,独自のツールも開発していることです.このようにして,モデル開発や特別なソリューション(アドオンまたはスタンドアロン)のための全く新しいオプションを作成することができます.

-
-
コスト削減につながるシミュレーションモデルの活用

APLでは,製品開発プロセスとライフサイクルの各段階でシミュレーションとモデルを使用しています.これは,開発コストを削減するだけでなく,個々のサブタスクをサポートしたり,開発プロセス全体をサポートするための新しい可能性を開きます.このプロセスでは,物理モデル,ハイブリッドモデル,経験的モデルが使用されます.

バーチャル・ドライブトレイン開発における当社の能力について,さらに詳しく知りたいですか?ここをクリックすると,当社のポートフォリオからの抜粋をご覧いただけます.

バーチャルドライブトレイン工学 
CAD

複雑な3Dモデルは,最新のCAD設計ツールを使用して作成します.白い紙に書かれた新しい設計コンセプトから,改造・適合サービス,既存ハードウェアのリバースエンジニアリングまで,お客様と私たちのアイデアをデザインします.

個々の部品や組立ユニットの構造力学

APLは,単一コンポーネントやあらゆる種類のドライブアッセンブリーの強度・剛性解析など,構造力学のあらゆる一般的な分野をカバーしています.軽量化のためのインテリジェントなトポグラフィの最適化やNVH挙動のシミュレーションなど,APLのポートフォリオは完成しています.

コンポーネントの熱力学

熱力学計算は,運転中の駆動部品の膨張と歪みの挙動に関する貴重な情報を提供します.特に,クランクケースや排気システムのような熱応力の高い部品に焦点を当てていますが,最近では冷却システム(電気自動車のトラクションバッテリーなど)にも焦点を当てるようになっています.

動的シミュレーション

マルチボディシミュレーションは,複雑で動的なシステム(内燃機関のバルブトレインなど)の力,加速度,振動を調査するために使用されます.このツールは,スタンドアロンでも他のシミュレーション分野の境界条件を生成するためにも使用されます.

トライボロジ — 摩擦と摩耗

Ein wich­ti­ges Entwick­lungs­ziel für Antrie­be aller Art ist die Mini­mie­rung von Reibung und die damit einher­ge­hen­de Erhö­hung von Wirkungs­grad und Lebens­dau­er. Durch die Kombi­na­ti­on von haus­ei­ge­ner mit leis­tungs­star­ker kommer­zi­el­ler Soft­ware bietet APL Lösun­gen bis hin zur Lebens­dau­er-Voraus­be­rech­nung. So können beweg­li­che Bautei­le und Lager hinsicht­lich Mate­ri­al, Schmier­stoff und Ober­flä­che opti­mal ausge­legt werden.

あらゆる種類のドライブトレインの重要な開発目標は,摩擦を最小限に抑え,効率と寿命を向上させることです.社内ソフトウェアと強力な商用ソフトウェアを組み合わせることで,APLは寿命予測を含むソリューションを提供します.これにより,可動部品やベアリングの材質,潤滑剤,表面の最適な設計が可能になります.

流体力学

液体が流れる場所では,CFD計算が方程式の一部となります.ガス交換,燃焼,排ガス後処理などの問題や,トラクションバッテリーの熱管理,液体が流れる周辺部品のキャビテーションクリティカルエリアなどに対応しています.運転目的に応じて,2Dモデルや3Dモデル,単相や多相のシミュレーション手法を用いています.

電磁気・電子工学

Eドライブの分野では,コンポーネントおよびシステムレベルでのシミュレーションにより,電気モーター,パワーエレクトロニクス,バッテリー,またはコンバーターについての洞察を得ることができます.開発タスクには,コンポーネントの設計や機能の最適化が含まれます.

マルチフィジックス

1つの物理分野だけでは表現できない現象については,異なる分野の様々なシミュレーションツールを組み合わせて表現します.その一例がCHT(Conjugate Heat Transfer)シミュレーションであり,周囲の冷却材の流れに応じて部品の加熱・膨張を計算することができます.

システムシミュレーション

APLでは,0Dと1Dのアプローチを使用して,様々なサブコンポーネントをシステムベースで表現しています.例えば,オイル,冷却,バッテリー,噴射システムなどのサブシステムレベルのシステムや,内燃機関,ハイブリッド,電気駆動の完全な車両モデルなどです.

リアルタイムシミュレーション

APLは,再現性の高いリアルタイムのパワートレイン・イン・ザ・ループ(XiL)試験環境でシミュレーションモデルを使用し,高周波オンライン測定法と組み合わせて,駆動部品の機能的な挙動とその結果生じるエミッションを分析します.

系統的な変動と最適化

シミュレーションにより,開発者はプロトタイプが公開される前の初期段階で設計の意思決定を行うことができます.このため,パラメータを変化させたり最適化したりする際に,インテリジェントに進めることが非常に重要であり,その結果,バリエーションの数やデータ量を制御可能な状態に保つことができます.ここでは,APLは統計的実験計画法(DoE)や多目的最適化などのツールに依存しています.

// ロケーション 

本社ランダウ
APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik
Land­au GmbH
Am Hölzel 11
76829 Land­au

 

// ヴォルフスブルク
APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik
Land­au GmbH
Gustav-Hertz-Stra­ße 10
38448 Wolfs­burg

 

// ビーティッヒハイム・ビッシンゲン
APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik
Land­au GmbH
Robert-Bosch-Stra­ße 12
74321 Bietig­heim-Bissin­gen

// 日本
APL Auto­mo­ti­ve Japan株式会社
171‑0022 東京都豊島区南池袋一丁目1615
ダイヤゲート池袋5

// APLグループ

APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik Land­au GmbH

AIP GmbH & Co. KG

APS-tech­no­lo­gy GmbH

IAVF Antriebs­tech­nik GmbH

IAVF-Volke Prüf­zen­trum für Verbren­nungs­mo­to­ren GmbH

MOT GmbH