// 車両試験

試験プロセスのコントロール

APLで車両試験の中心となっているのが,エミッション計測装置が設置された12基以上のダイナモテストベンチです.この整った設備環境で,シミュレーション,部品,エンジン,ドライブトレインから完成車及び実走行時のパフォーマンスを,当社ではシャシダイナモ使ってお客様の社内試験用の試験手順を完璧に実施することができます.

 

車両試験の挑戦

開発に付随する主要な2つの原動力はドライブトライボロジの開発と法的要求事項の変化です.

この結果,試験と開発それぞれの課題に違いが出てきます:

  • ECUキャリブレーション
  • キャリブレーションのセキュリティ
  • 冷間試験(-40℃)
  • OBDテストと機能性
  • 各国の排出量の推移
  • TÜV(技術検査サービス)と連携した認証試験の実施
  • 生産の適合性 (COP)
  • 車載排出ガス計測システム(PEMS)による道路計測の実施

シャシダイナモの様子.シャシダイナモテストセンタのテストスタンドコントロールルーム.
車両のライブデータのオンサイト評価

プロセス

シャシダイナモの環境下ですべての試験工程を完了するためには,以下を熟知していなければなりません.:

品質

- 相関関係
- 認定
- 法制化の状況

テストプロジェクトの調整

- 高レベルの開発目標
- 測定プロセスの制御
- 測定値の評価
- 報告書の迅速な提供

加工

- 車両計画
- 仕様に沿った容量の有効利用
- 報告
- 短期仕様を柔軟に実装

ドライブトレイン試験の責任分野
品質/市場
  • DIN ISO 17025に準拠した認定試験設備
  • TÜV(技術検査サービスプロバイダ)による測定データのバリデーション
  • 認証およびCOPの要件への対応
  • 様々な市場における法規制の現状
  • 特定の国の仕様に従った校正証明書
  • 内部相関と実験室間比較の実施
プランニング
  • 車両変更
  • 明確で柔軟なプランニング
  • 顧客別フォーマットでのデータ作成
セキュリティ
  • プロトタイプとデータ保護
  • ITセキュリティ
  • 安全なデータ接続→分析データや生データの迅速な送信
  • 集中化された通信チャネル

// ロケーション 

本社ランダウ
APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik
Land­au GmbH
Am Hölzel 11
76829 Land­au

 

// ヴォルフスブルク
APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik
Land­au GmbH
Gustav-Hertz-Stra­ße 10
38448 Wolfs­burg

 

// ビーティッヒハイム・ビッシンゲン
APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik
Land­au GmbH
Robert-Bosch-Stra­ße 12
74321 Bietig­heim-Bissin­gen

 

// 日本
APL Auto­mo­ti­ve Japan株式会社
〒171‑0022
東京都豊島区南池袋一丁目16番15号
ダイヤゲート池袋5階

// APL Group

APL Auto­mo­bil-Prüf­tech­nik Land­au GmbH

 

AIP GmbH & Co. KG

IAVF Antriebs­tech­nik GmbH

IAVF-Volke Prüf­zen­trum für Verbren­nungs­mo­to­ren GmbH

MOT GmbH